スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
サンフランシスコ旅日記<最終回>
こんにちは。「とも○」です。

旅日記3日目の報告です。

今日は母と決めた選べるトラベル:もうひとつのサンフランシスコ観光コース~サンフランシスコ映画ロケ地めぐり~です。
続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2006/04/26 23:58 】
旅日記 | コメント(4) | トラックバック(0)
サンフランシスコ旅日記<その2>
こんにちは。「とも○」です。

今日は、旅日記2日目の報告です。

とても楽しみにしてた「ヨセミテ国立公園」観光です。
続きを読む

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2006/04/23 20:46 】
旅日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
サンフランシスコ旅日記<その1>
こんにちは。「とも○」です。

久しぶりのブログになります!
さて、サンフランシスコ旅日記を報告します(^^♪
続きを読む

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

【2006/04/22 22:13 】
旅日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
サンフランシスコへ。
こんにちは。「とも○」です。

来週17日~21日母とアメリカ(サンフランシスコ)旅行へ行って来ます。
しばらく「どら○」は一人で独身生活を満喫する事でしょう(笑)
続きを読む

テーマ:USA - ジャンル:旅行

【2006/04/15 22:42 】
旅日記 | コメント(1) | トラックバック(0)
ちゃんと確認しなきゃ!
こんにちは。「どら○」です。

昨日、無事に帰京いたしました。

神様も我々を見捨てずに、最終日ようやく晴れました。
「湯の川」→「松前」→「江差」→「函館空港」と全行程250kmのロングドライブに出発です。

が、北海道の観光スポットは4月からオープンが多いんですね。
「横綱記念館」「松前城・松前藩屋敷」と休館でした。
「ちゃんと確認しなきゃ!」

松前城
城の近くまでは行けたので、記念に1枚。

次は「江差」に移動し、「開陽丸青少年センター」に行きました。
開陽丸
かなり大きな船で展示品も多く、1時間以上は裕に楽しめました。

開陽丸-大砲 開陽丸-日本刀
1868年11月15日に、江差沖で座礁・沈没した、開陽丸を引き上げた遺物は3万2千905点もあるそうです。

今回は食事つきのツアーだったので、外食はしていませんでした。なので、函館最後の夜はやっぱり「海の幸」でしょう!ということで、海鮮市場に行きました。
海鮮丼
「海鮮丼」1,500円なり。ボリュームもあり、非常に美味しかったです。

これで2泊3日の函館旅行日記は終了です。さ、また「せどり」な日常に戻ります。さっそくこれから仕入れに行って来ます(^^♪

<今日の一冊>
新撰組顛末記新撰組顛末記
永倉 新八


Amazonで詳しく見る
新選組幹部であった「永倉新八」が語り残した新選組体験談。新選組隊士として第一線で活躍してきた著者だけが知るエピソードもたくさん含まれており、新選組関連書籍の中でも数少ない「体験談」となります。

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

【2006/04/01 11:01 】
旅日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
函館は今日も寒かった。
こんにちは。「どら○」です。

今日も函館からのブログです。

昨日の吹雪に比べたら、今日の天気は雨のち曇りでかなりマシではありましたが、とにかく寒くて寒くて3月末とは思えません。

北海道に住む友人に聞いても「おまえらついてないな。」と慰められてしまいました。これほどの悪天候はこの時期では珍しいとのことです。

せっかく北海道まで来たので、今日も活動的に観光しました。

まずはじめに「土方・啄木浪漫館」に行ってきました。

館内撮影禁止のため、写真はありませんが、土方歳三ファン必見です。たくさんの展示品がありましたが、刀や鉄砲などの武具が充実しているように感じられました。

次に「碧血碑」に行きました。「へっけつひ」と読みます。
碧血碑
新選組土方歳三や中島三郎助などの函館戦争で戦死した旧幕府軍が祭られている慰霊碑です。

「碧血碑」とは「義に殉じて流した武士の血は3年経つと碧に変る」という中国の故事に由来しているそうです。

「碧血碑」はものすごく重厚かつ圧倒的な迫力で、ここに戦死者が祭られている事を考えると、思わず涙が出そうになりました。

昨日、今日と「市電1日乗車券」を購入して、随分重宝しました。5分~10分間隔で電車が来ますし、函館市内の観光地めぐりには最適です。ちなみに「碧血碑」は「谷地頭」駅になります。

その後、市電「函館どっく前」駅で「称名寺」「高龍寺」「外人墓地」「弁天岬台場跡」、「十字街」駅で「函館山ロープウェイ(函館山)」「金森倉庫」、「五稜郭公園前」駅で五稜郭タワーに行きました。
函館山
函館山の景色です。ちょっぴり雲がかかっていますが、絶景です。

あと五稜郭タワーは忘れ物を撮りに行きました。
土方歳三の像

今日は、本当に朝から晩まで歩きまくったので、へとへとです。

明日は最終日、ようやく晴れそうなので、レンタカーを借りて「松前城」まで足を伸ばす予定です。

<今日の一冊>
図説新選組史跡紀行―決定版図説新選組史跡紀行―決定版
萩尾 農 岡田 正人


Amazonで詳しく見る
函館に来てから見つけた本です。残念ながら見本しか置いてなかったので、購入できませんでしたが、私のように新選組の足跡を訪れる方にはオススメの一冊です。

テーマ:北海道旅行 - ジャンル:旅行

【2006/03/30 22:41 】
旅日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
土方歳三の足跡を訪ねて。
こんにちは。「どら○」です。

今日から2泊3日で「とも○」と函館旅行に来ています。なので、函館からのブログとなります(^^♪

タイトルにあるとおり「土方歳三」の足跡を訪れるスケジュールを綿密に立てていたのですが・・・

その兆候は函館行きの飛行機が遅れていたことから始まっていました。

「天候が悪化しており、函館行き飛行機の到着が遅れています。」
「な、なに?」 結局、40分遅れで出発し無事に到着しました。

函館空港は、ちょっぴり寒い程度で雪も残ってないし、レンタカーでも借りるか!と思っていたら、突然の雪・ゆき・SNOW(T_T)

東京に住んでいる私達には、吹雪のように感じられるほど、たくさんの雪、強い風、傘をさすのも困難でした。

せっかくの五稜郭タワーもこの有様でした。
五稜郭タワー
左側の大きなタワーが2006年4月1日にオープンする新タワーです。残念ながら私達は3月31日で帰りますが(-_-;)

次の写真は「土方歳三最期の地」と言われている「一本木関門」です。
土方歳三最期の地
函館駅から10分ほどで到着するはずでしたが、この吹雪の中方向音痴ぶりを遺憾なく発揮してしまい、30分近くさまよい続けました。とにかくとにかく寒かったです。

結局、「五稜郭タワー」→「五稜郭公園(五稜郭博物館)」→「一本木関門」しか周れませんでした。どうやら明日も雪のようです。

恐るべき雨女「とも○」。あとで殺されます(笑)

<今日の一冊>
燃えよ剣 (上巻)燃えよ剣 (上巻)
司馬 遼太郎


Amazonで詳しく見る

燃えよ剣 (下巻)燃えよ剣 (下巻)
司馬 遼太郎


Amazonで詳しく見る
いまさら何の説明も要らないと思いますが、多くの方同様私もこの本をきっかけに土方歳三・新撰組フリークになりました。新撰組の本をたくさん読みましたが、最高傑作といっても過言ではありません。

テーマ:北海道 - ジャンル:旅行

【2006/03/29 23:09 】
旅日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。